GTranslate翻訳の方法

[1]サイトへアクセス

※例 各国翻訳のURLがサブドメインの場合、 韓国サイト:ko.○○○.jp ,英語サイト:en.○○○.jp などとなります。

初めて読み込まれる際にクラウドの翻訳サーバで翻訳処理されるために表示に少し時間がかかりますが、
2度目からはキャッシュがきくので通常通り表示されます。


[2]翻訳したいページを開く

自動翻訳されたもので、翻訳がおかしい部分など編集したい場合は、URLに「?language_edit=1」をつけると編集モードになります。

例えば、英語のサイトでは
http://en.○○○.com/about/
のページであれば、
http://en.○○○.com/about/?language_edit=1 となります。


編集できる場所は、それぞれのテキスト箇所に鉛筆マークが表示されます。


[3]翻訳を書き込む

鉛筆マークをクリックしますと認証画面が表示されます。



弊社より発行しましたアクセスコードを入力しますと翻訳を入力する画面が立ち上がります。



英訳の本文と翻訳内容を書き込みのフォームが表示されますので
翻訳テキストを編集し保存します。